| カスタムのご案内 | カスタム事例集 |


カスタム事例

メルセデスベンツSLK200(R172型) 


神奈川県小田原市在住M様よりカスタムのご依頼を頂きましたメルセデスベンツSLK200(R172型) のご入庫です。
H&Rのローダウンサスペンションの取り付けとブレーキキャリパーをペイントしてほしいとのご要望です。


作業の流れ

M様よりパーツのお持込頂きましたH&Rのローダウンサスペンションから取り付けていきます。

左側がノーマルサスで右側がH&Rのサスになります。大分短くなっているのが分かりますよね!新旧のサスを組み替えて取付けしていきます。

こちらはリヤです。フロント同様、車両に取り付けていきます。


交換後です。おおよそ3cm位車高が下がりました。

続いてブレーキキャリパーの脱着分解作業です。
付着した汚れを掃除していきます。

ブレーキキャリパー表面のザラザラをベルトサンダーで削り落としてきます。

必ずこのような密着プライマーを塗ってから2液型サフェーサーを塗装します。

十分に乾燥させてから、職人さんの手でキャリパーの表面が平滑になるよう仕上げていきます。

十分に清掃してから、専用の台にセットします。その後、脱脂を行ったら塗装前の準備が完了です。

お客様のご要望で耐熱の赤色でペイントしました。

ロゴ入れです。表面をサンディングしてからAMGロゴを貼り付け、その上からクリアーを塗装します。

ロゴを貼ったクリアー表面の段差を無くすため、2000番の耐水ペーパーでサンディングしてから、もう一度クリアー塗装するとブレーキキャリパーのペイントが完了です。

慎重に組み付けていきます。

綺麗に塗装されたブレーキキャリパーですので、ホイールの内側もきっちり掃除をしてからボディに取り付けていきます。

最後に四輪アライメント調整を行って完成となります。

完成です!

M様、遠方よりご来店頂きありがとうございました!
この度は、千葉県唯一のメルセデスベンツ正規販売店指定板金塗装工場でもある坂本オート・サービスにメルセデスベンツSLK200(R172型)のブレーキキャリパーのペイントをご用命頂きありがとうございました。

  お問い合わせ


<< 戻る